radiko.jp

ラジコは、国内限定のサービスとなりますので、
今アクセスしている場所からではラジオを聴くことができません。

This application program is released for use in Japan only
and is not be used in any other country

番組画像
放送局
FMT
放送時間
2021年4月10日(土)28:30~29:00
番組名
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ

田中美登里


祝!芸術選奨文部科学大臣賞受賞『近代日本の音楽百年 黒船から終戦まで』全四巻完結!

第二回:1989年の当番組スタート当初から度々登場し、またその人脈を惜しげもなく繋いでくれた音楽学者・細川周平さんのライフワークが『近代日本の音楽百年 黒船から終戦まで』(岩波書店)と題し、全四巻の著書として昨年末に完結・出版されました。

『ミュージック・マガジン』の連載記事「西洋音楽の大衆化・日本化」をもとに構想され、黒船来航以来、太平洋戦争の終戦までの約百年、この国が洋楽をいかに受け止め咀嚼してきたかを、お上よりも民の目線で描き切った大著です。

令和2年度の芸術選奨文部科学大臣賞と併せて、2020年度ミュージックペンクラブ音楽賞も受賞しました。
4週にわたり、細川さんをお迎えして百年の音楽模様を繰り広げます。

どのページからも鮮やかに音・音楽が溢れ出る著書に倣って、録音初期の貴重な音源から戦前の大ヒット曲、吉原芸者のブラスバンドからちんどんまで、楽しく賑々しくお届けする音楽講座(高座!?)
乞うご期待!

第二回は第二巻のテーマ「デモクラシイの音色」
日露戦争後から関東大震災までのおよそ20年間、人びとの生活に洋楽文化が進出していく様相をたどります。
「カチューシャの唄」「復興節」など。

本日のゲスト: 細川周平

メールアドレス:trans@musicbird.co.jp