【ラジオな人】ABCラジオ『よなよな…』200回記念!シンガーソングライター、近藤夏子さんと、ABCアナウンサーの北村真平さんにインタビュー!【後編】

6_

このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪・ABCラジオで月曜から木曜まで、夜10時から3時間に渡って放送されている番組『よなよな…』。シンガーソングライター、近藤夏子さんと、ABCアナウンサーの北村真平さんがパーソナリティを務める水曜日は、小学生から80代の方まで、非常に幅広い層に聴かれています。

後編ではリスナーの距離の詰め方や番組を4年間務めてきた心情を伺いました。そして最後、『よなよな…』のプロデューサー鈴木洋平氏にも直撃インタビューしています!

――前編はこちら

段取りがないから話が膨らむ

ほかにも、『よなよな…』水曜日の人気企画に、近藤さんがリスナーに電話で話すコーナーがあります。同様の企画は他の番組でも行われていますが、普通の番組はお悩みの内容を詳しく書いて送ってもらうものですが、『よなよな…』は「今日は近藤さんと話したいので、電話ください」としか書かれていないような漠然とした内容のメールであっても、「何があったのか、聞いてみよう」と電話をかけることがあります。

――相談だったら、事前にメールをもらっておいて、アドバイスの内容を考えてから電話をかけることもできると思うんですけど、近藤さんは怖いもの知らずというか、「この人!」と思ったら電話をしますよね。しかも、相手がどんなリスナーでも話を引き出していて、リスナーとの距離の詰め方が本当にうまい。

近藤:うまく引き出せないこともあるけど、何も引き出せなくて終わるっていうことはないですね。過去に2回ほど、電話をかけたら相手が酔っ払っていたようなことがあって、早めにCMにいってもらったことはありましたけど(笑)。

――確かに! ディレクターの堀(景輔)さんがCMを入れるタイミングも絶妙でした。

近藤:あと、相手のメールに相談内容が詳しく書いてあると、それについて絶対に触れないといけなくなるから、段取りみたいになってしまって嫌なんです。電話で話す時は自由に話す方が、相手の日常が見えてくるから話が膨らみやすいんです。それに、私の場合は段取りが決まっているとうまく振る舞えないタイプなんで(笑)。

7_

時には真剣な相談も寄せられ、番組開始当初には不登校に悩んでいる中学生と、30分以上も話をしたことがありました。また、参加希望の年齢層が幅広いことを受けて、昨年の12月には、下は3歳から、上は80歳を越えた方まで、3時間の放送中にたくさんのリスナーに電話をかけていく企画も実施しました。

リスナーとの距離感

――ただ、これは私だけかもしれないんですけど、『よなよな…』は3時間もあるのに、放送が終わるとお二人が喋っていた内容を全く覚えてないんです。リスナーさんが電話で話していた内容とか、近藤さんがリスナーのエピソードを元にオリジナル曲を作る「夏子ステーション」のコーナーで近藤さんが歌った歌は別ですが。気負わずに聴けるところがまた素晴らしいと思っていて。

近藤:それ、ほんまに褒め言葉ですか(笑)。確かに「自分が独身で、結婚してる男性にばかりモテる女性」とか、「あんまり勉強に身が入らなくて、資格試験に9回も落ちてる人」とか。お互いのことは興味がないのに、リスナーさんのことは覚えてますね。(笑)。

北村この番組は、リスナーさんに助けられてます。

近藤:ただ、本音を言うと、私も北村さんも闇を抱えているので、リスナーの皆さんの恋愛に関する幸せは、そんなに願ってなかったりしますけどね(笑)。

北村:話半分で聞いてますからね。

近藤:でも、さっきの「放送内容を覚えてない」という話でいえば、私はリスナーさんの心に残るような良い事を言おうと思ったことは一度もないです。北村さんは、隙あらば良い事を言おうとしてくるから、テンションが下がるけど(笑)。

北村良い事を言いたいし、何かリスナーさんに爪痕を残したいんです。僕は放送が終わってからエゴサーチをするんですけど、良い事が書いてあると嬉しいし、悪いことが書いてあったとしても嬉しいんです。

8_

近藤:なんで!? 私もエゴサーチするけど、心が強くないから、嫌な事が書いてあったら傷つくし、ツイートした人に謝りに行きたくなりますよ。

北村嫌なことがあっても、ちゃんと相手の心に引っかかってくれたことが嬉しいんです。スルーされるのが一番嫌で。

近藤:え〜!? 信じられへん! 私、泣いてしまうことがあるんで。

近藤さんは、放送では自由に振舞っているものの、非常に繊細な部分があり、2年ほど前の放送では生放送中に関わらず、泣いてしまったことがありました。

近藤:私は相手によって感情が揺れ動くタイプで、一時期、自信をなくしてたんです。「私は放送で嘘を付いてるんじゃないか」「そもそも、この仕事は自分に向いていないんじゃないか」と思い始めたら悲しくなってしまって。でも、北村さんは慰めるどころか、笑い始める始末で…。

北村:まさか、生放送で泣くとは思わなくて。ガラスの向こうを見たら、ディレクターも笑ってるわ、鈴木プロデューサーはここぞとばかりに写真を撮って、番組のSNSに載せるわで…。

近藤:普通の番組では考えられへん!(笑)。

北村:ただ、『よなよな…』を4年近くやってみて思ったのは、お互いの性格や育った環境は違うけど(※近藤さんはお金持ちの家で育ち、北村さんはお金に苦労してきました)、苦手な人とか、うっとうしいと思うこととはシンクロするということですね。

近藤:そうそう! 北村さんも時々、出世していく後輩に対する愚痴とか、性格が合わない人の悪口を言ってるけど、お互いにブラックな部分があるところが大事!ブラックな部分がないと、人間としてつまらないんです。ラジオやラジコなどを通じて、色んな人が番組を聴いてくれている理由は、そこにもあるのかも(笑)。

9_
生放送直前の近藤さん。打ち合わせがほとんどないため、放送前とは思えないほどのリラックスぶり。

『よなよな…』プロデューサー、鈴木洋平氏 インタビュー

10_

ABCラジオの夜の時間帯は『ABCヤングリクエスト』『ABCミュージックパラダイス』など、40年以上にわたり、自社制作のワイド番組が放送されてきました。その後、4年間は全国ネットの番組を放送していましたが、2014年4月に再び自社制作番組『よなよな…』が立ち上がりました。月曜は森脇健児さんの日常生活を中心とした話、火曜は音楽ライターの鈴木淳史さんと原偉大さんがゲストを迎えて音楽談義を、木曜は人気芸人、ダイアンによるトークと全国のリスナーから寄せられるネタコーナーが人気です。3時間にも及ぶ夜の生放送の立ち上げ当時について、連日『よなよな…』を見守り続ける、鈴木洋平プロデューサーにお話を伺いました。ちなみに、鈴木さんはABCラジオ『おはようパーソナリティ 道上洋三です』を聴いて育ち、『ナインティナインのオールナイトニッポン』のヘビーリスナーでもありました。

鈴木:四曜日あるので、全体のバランスを考えてパーソナリティを決めました。立ち上げ当時で最も“冒険”だったのは火曜でしたね。鈴木さんも原さんも音楽ライターと編集者なので、表に出ることがなかったけど、喋ると面白いことからお願いしました。ただ、心の中では「3時間もつだろうか」と、毎回ヒヤヒヤしてましたね。私自身も音楽番組を作ってきた訳ではなかったので、ゼロからのスタートでしたが、100回記念でセックスマシーンと四星球がスタジオで生対バンをやったり、エレファントカシマシの宮本浩次さんに出演していただいたり、aikoさんをお呼びしたりして感激しました。

――aikoさんにロングインタビューを行った時は、他の番組では話してこなかったような昔の話も飛び出しましたよね! しかも、初めて出演したラジオ局がABCラジオだったとか。

鈴木:そうなんです! 色々なアーティストに出ていただくようになって、番組を知ってもらえるようになりました。ありがたいことに、アーティストの間でも話題になっていて、早い時期から番組を支持してくれた、クリープハイプの尾崎世界観さんを筆頭に「出たい」と言ってくださる方が増えましたね。

――他の曜日も出演者も個性的ですよね。

鈴木:月曜日の森脇さんは、もう一人とのバランスが大事で、熱のこもった森脇さんの話に対して、どのように切り返すのか、といったことも考えてパートナーを選び、木曜日のダイアンは、西澤さんがラジオが好きだということもあって、立ち上がりました。

11_

――森脇さんは、仕事に関する話が面白くて、特に『オールスター感謝祭』で走った時のエピソードは聞き応えがあって、ダイアンは、大阪の吉本の芸人事情が痛快で面白いですよね。ネタのコーナーは、全国のハガキ職人からネタが届いてますし。

鈴木:森脇さんの熱のこもったトークも楽しいし、ダイアンのトークでは、お二人のこと以外にも、関西の芸人さんのことが分かって楽しいというのは、よく言われます。『よなよな…』は全曜日を通して、とにかく楽しいことをやろうとしているので、ぜひ、関西の皆さんも、ラジコをお使いの全国の皆さんも聴いてみてください。

番組概要

20161020171430

■放送局:ABCラジオ
■番組名:『よなよな…』
■放送日時:月曜日~木曜日 22時~1時


出演者プロフィール

■近藤夏子
2歳からピアノを始め、高校卒業後、大阪で本格的に音楽活動を始める。
ストリートライブで注目を集め、2010年にメジャーデビュー。
立ってキーボードを激しく叩くライブパフォーマンスで大きな話題を集めた。
現在は、テレビやラジオで多数のレギュラー番組を持ち、タレントとしても精力的に活動している。
2015年3月には、島根県大田市の観光大使に任命され、地元の愛唱歌を宮根誠司氏と共作。東京、大阪の両方に拠点を置き、「シンガーソングライター」の枠を超えて、近藤夏子にしか出来ない、マルチな才能で幅広く活動を続けている。

■北村真平
1984年10月11日生まれ
2008年ABC入社
担当番組
上沼恵美子のこころ晴天』(ラジオ)
よなよな…水曜日』(ラジオ)
『おはよう朝日です』(テレビ)
『スタンダップ』(テレビ)
『キニナリーノ』(テレビ)

『よなよな…』プロデューサー

■鈴木洋平
1978年4月12日生まれ
2003年ABC入社
担当番組:『よなよな…』『Cheers!』など

インタビュー

YMgrdfKa
やきそばかおる

小学5年生以来のラジオっ子。
ライター・構成作家・コラムニスト

「BRUTUS」「ケトル」などのラジオ特集の構成・インタビュー・執筆を担当するほか、radiko.jp、シナプス「 I LOVE RADIO」(ビデオリサーチ社)/ J-WAVEコラム「やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」/otoCoto「ラジオのかくし味」/水道橋博士のメルマ旬報など連載や、番組出演を通じて、ラジオ番組の楽しさを発信。

ラジコプレミアムを駆使しながら、全国のユニークな番組を紹介するツイキャス番組「ラジオ情報センター」(水曜21時~22時)も放送。全てを合わせると、年間でのべ800本のラジオ番組を紹介している。

カメラマン

倉科直弘(kurashina naohiro)

ブルース・ロックを愛する。草野球も少々。街と退廃と幸福について毎日考えています。
「MUSIC MAGAZINE」「Number」「ケトル」など、多数の雑誌に写真を掲載。大阪在住。
twitter: @kurabokurabo

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/3d014928

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、どこにいても全国のラジオ番組を楽しむことができます。